BMW整備イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW整備

BMW車検

BMWTOP > 【BMW車検】 > BMW車検

BMW車検

BMW車検

BMWも昔に比べれば日本車に近く故障しにくくなって来ています。 それでも日本の気候に即して造られた国産車とは違い、欧州の気候に即して造られているBMWは、「ただ車検が通ればよい」では完全なメンテナンスではありません。

実際マーキーズにも、「初回の車検は保証のあるディーラーで行ったが、2回目からの見積もりの値段に驚いた」と駆け込んでくるBMWオーナー様が近年ますます増えています。

なんでもかんでも「予防整備」という考えのもと部品交換してしまうのがディーラー車検の傾向ではあります。 「新品部品に勝る物はなし」はわかりやすく確かにその通りです。 ですが、まだそのまま使える部品がある場合も少なくはなく、それにも関わらず新品部品に交換されてしまっては、オーナー様が整備代金・修理代金を必要以上に負担してしまっていることにもなるのです。それでは、オーナー様がもっとメンテナンスをしたいと思っていても、躊躇してしまうことでしょう。

適切な説明もなくやたら交換修理で済ませようとする工場は、BMWの修理・故障診断実績が乏しいために、本当の故障診断・修理を行える整備士は少ないのではないでしょうか。 2年に一度の大事な車検です。信頼できる整備工場を選んでしっかり総点検をしましょう。


車検とは?

日本国内を走行する自動車を2年に一度保安検査をすることによって安全に使用できるよう点検整備すると同時に、その自動車の所有権を確認・公証するための国に義務づけられた制度です。

車検を受けた車輌は自動車検査証が発行され、日本国内を運行することができます。 もし車検切れのまま走行すると違反者は罰金刑を科せられます。 保安を含めた早めの車検点検を心がけましょう。


車検を受ける場所、取得するには?

車検には決まった箇所の点検項目があります。 自動車の瑕疵(かし)を整備し、運輸支局、または指定工場に持ち込み検査を受けます。

一般的に、ディーラーの整備工場に点検を依頼し車検を通してもらう【ディーラー車検】、ユーザー自ら整備し運輸支局に持ち込む【ユーザー車検】、 それから整備に特化した民間工場に依頼し車検を取得する【車検代行】があります。

整備工場には、一定の規模と設備、人員を有する指定工場と認証工場があります。自動車検査員がおり、点検から車検取得までが同時にできる工場を指定工場、 自動車を点検整備し、車検場に持ち込み車検を取得するのが認証工場になります。

マリオットマーキーズは国土交通省から認定を受けた認証工場になります。場合に応じたキメの細かいしっかりとした車検整備が可能です。

車検に掛かる費用

車検には、法定費用と呼ばれる国に納める「重量税」、「自賠責保険料」、「検査登録印紙代」が最低限掛かります。重量税は登録年からの経過と1.5t以下、2.0t以下、2.5t以下と0.5tごとの区分で分けられた重量に比例し高くなります。

そこに、基本料金と呼ばれる整備・点検料とのトータルで車検費用が決まります。

自動車の使用状態によって整備内容が異なってきますので、マリオットマーキーズではまずは入庫点検をお願いしています。

・通し車検

費用を抑えるために最低限の箇所だけを直し、時にはテクニックを使い車検を通す方法があります。
たとえば、輸入車によく見られるオイル漏れ等はしっかりとふき取って車検を通す時だけOKにするなどです。
整備箇所も車検項目だけを重点的に整備し、他に瑕疵(かし)があっても省略するのです。

しかし、それでは本来の保安目的という点とはずれてしまいます。
根本的に不良個所が直っていない場合にすぐに再発し走行上の危険にもつながります。

認証工場でもあるマリオットマーキーズではしっかりと一台一台の車を点検し車検を通します。

現在の車検制度

BMW車検項目

国が定めた法定24ヶ月点検用記録簿があります。

項目は詳細に分けると82か所あります。以前は100項目以上の点検項目がありましたが改正され簡略化されています。 このため通し車検はより通しやすくなったのかもしれませんが、自動車も日々進歩しています。
改正から20年以上が過ぎ、電子機器が搭載された車は車検項目にのらない不良個所も多く見られるようになっています。

BMWもほとんどが電子制御されているにもかかわらず、警告灯に関する項目はひとつもありません。 BMWには、60個以上にも及ぶ電子デバイスが搭載されています。それにも関わらず車検点検項目にはそれらの項目がありません。

車検は保安目的でもありますが、BMWの場合決められた点検項目だけでは必ずしも安全とは言えないのが現状です。

BMW車検に必要なこと

マーキーズのBMW車検は、BMW専用テスター「DIS」完備で、こちらで説明している項目以外にも車種別でのウィークポイントもしっかりチェックしていきます。

現代のBMWは電子機器が張り巡らされ専用のテスターが無いとエラー表示の解消すらできません。 車検を通すことはもちろん、車検だけではカバーしきれない箇所の診断を行える設備がある工場で車検点検をしましょう。

BMWの性能を維持するために

BMW車検

自動車は定期的な点検整備が必要不可欠になりますが場合によっては、愛車の総点検をしようにも予算の関係で思ったように費用をかけられないオーナー様も多いかと思われます。

最近のBMWは電子制御の塊です。
今までのような目視による車検点検では絶対に見れない・見れるはずの無い電子制御部品が多く使用されています。1つ部品を交換しても、その後に必ず専用テスターを使用しコードの入力が必要です。設備をはじめ扱うスタッフとデータを判断できる実績とノウハウがなければ対応出来ません!

DSCなどBMW特有の安全装置は点検では無く「診断」する事により車検取得後に、2度・3度同じ個所の修理が必要になってしまうようなトラブルを防ぎ、お客様に負担のかかることの無いよう確実な診断の実施が可能です。


各種お問い合わせ

工場へのアクセス 工場へのアクセス

車検入庫フォーム

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.