BMW整備イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW整備

BMW エアコン故障 修理

BMW整備サイトTOP > BMW修理 > BMW エアコン故障 修理

エアコン故障修理

エアコン故障修理

車内空間を快適に保ために欠かせない機能がエアコンです。 近年のBMWは電子制御化が進みエアコンも簡単には診断ができない箇所になっています。 昔であればコンプレッサーのON・OFFなど目視で確認できましたが、近年の車は常にONになっており内部の電子デバイスで切り替えを行っていきます。 診断するにはDISテスターの完備が大前提であり、各センサーからの信号、実測値を把握しながら故障個所を導き出すノウハウ・技術が必要です。

エアコンは夏の暑い時だけと思っていませんか?効かないままだと実は危険なんです!

エアコンが壊れても我慢すれば乗れると思っていませんか?

エアコン故障修理

夏場の室内は想像以上に過酷な環境になります。「カーエアコン」が故障している車を使用していると生命にかかわる危険性があります。

外気温が高くない時期でも、室内は危険です。 雨や雪の日に曇ってしまったガラスのままの状態では、視界不良や、拭きあげるのに気をとられてしまい、視界不良により事故に繋がる危険性があります。 「カーエアコン」というと、夏の暑い時期に使用する「クーラー」としての機能を思い浮かべると思いますが、実は「エアコン」は「エアーコンディショナー」ですからほぼ一年を通してフル稼働しているのです!

知っているようで知らない・・・エアコンガスが減る原因

エアコン故障修理

家庭用のエアコンと車のエアコンは基本的にガスによる熱交換という原理は同じです。ガスが切れるとエアコンの機能が働かなくなってしまいますので車のエアコンのガスを補充することはよくある事例です。

しかし家庭用でエアコンガスの補充はあまりしませんよね。では、何故車の場合は補充が必要になるのでしょうか? 答えはこうです。車のエアコンは、各パーツを車輌に取り付ける為のつなぎ目がたくさんあり、常に振動にさらされる悪影響下に置かれています。 そのため、どうしても配管のつなぎ目や飛び石などの原因でコンデンサーに損傷を受けガスが漏れてしまいます。

ですので「ガスが減った」=ガス漏れなんです!定期的に補充して乗るのではなく、根本的な箇所を修理をするのはもちろん、シーズン中に突然効かなくなった等のトラブルを防ぐためにも、定期的な点検と確実な修理を行いましょう。

エアコン故障修理

下記のような症状の方は今すぐ診断をおすすめします。

  • エアコンの効きが悪い
  • ガスを入れると効きが直ったが、しばらくすると効かなくなる
  • エアコンをONにすると異音がする
  • エアコンの温度調整ができない
  • エアコンの風が臭い

エアコンはこれだけの部品で構成されています。

エアコンパーツ

無駄な出費を抑えるためにも的確な診断が必要です。
いまいち効きが悪い、定期的にガスを補充している、異音などエアコンのトラブルなら数多くの輸入車エアコン修理の実績があるマリオットマーキーズにお任せください!

BMW修理 BMW車検 各種お問い合わせ

BMW輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ


車検入庫フォーム

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.