BMW技術ファイル

エンジン の記事一覧

BMW整備サイトTOP > BMW技術ファイル事例一覧 >  エンジン の記事一覧

No.212 BMW 5シリーズ エンジンオイル漏れ修理

  • BMW 5シリーズ E60 エンジンオイル漏れ修理
  • BMW 5シリーズ E60 エンジンオイル漏れ修理
  • BMW 5シリーズ E60 エンジンオイル漏れ修理
  • BMW 5シリーズ E60 エンジンオイル漏れ修理
地面にオイルが垂れる
車検整備でご入庫頂きました。最近、駐車場の床にオイルが垂れるとの事で同時にオイル漏れの診断もご依頼頂きました。
車両の下廻り診断を進めていきますと、汚れたエンジンオイルがエンジンの下一面に広がって滴になっている状況でした。
これでは地面に垂れてもおかしくないレベルの漏れ方です。勿論これでは車検検査もNGとなります。

最も漏れが激しい箇所はオイルパンと呼ばれるオイルを貯めておく桶のような部分になります。エンジン本体に専用のガスケットやゴムパッキンを介し取り付けられます。
車種によってはオイルパンのすぐ下をクロスメンバーなどのシャーシー関連部品が通っている場合もあり、作業が大変になる場合もあります。

今回はオイルパンの他にもオイルが滲み出ている箇所も含め修理を行い潰れきったエンジンマウントも同時に交換を行いました。

No.200 BMW X6 E71 エンジンストール 修理

  • BMW X6 E71 エンジンストール 修理
  • BMW X6 E71 エンジンストール 修理
  • BMW X6 E71 エンジンストール 修理
BMW X6 E71 エンジンストール 修理
エンジン始動不良状態でご入庫されましたBMW X6です。バッテリーをジャンピングして繋ぐとエンジンは始動しますが、しばらくすると止まってしまいます。
補助電源を接続しシステムテスターにて診断を行ってみた所、オルタネーターの発生電圧が急激に低下したり上昇したりを繰り返している状態ででした。
オルタネーター内のボルテージレギュレーターと呼ばれる正電圧機が不良である事が分かりました。
オルタネーターを交換し電圧が正常な事を確認し、エンジンストールの症状も改善され作業完了です。

No.192 BMW 5シリーズ E60 エンジン 警告灯点灯 修理

  • BMW 5シリーズ E60 エンジン 警告灯点灯 修理
  • BMW 5シリーズ E60 エンジン 警告灯点灯 修理
  • BMW 5シリーズ E60 エンジン 警告灯点灯 修理
エンジン警告灯が点灯しエンジン不調発生
早速BMWテスターにてシステム点検を行っていきます。
エラー履歴の内容はシリンダーナンバー1番、2番、3番、4番のミスファイア(失火)エラーの入力が残っていました。
エラー履歴を基に各所点検を進めていくと、点火装置であるスパークプラグ、イグニッションコイル等には問題は見当たりませんので点火をコントロールしている側に原因が有る事が予測出来ました。システム回路図やシステムテスターによる各種データーを読み取りながら更に診断を進めていくと、最終的にはヒューズ一体型モジュールに辿り着きました。
モジュールを外してみると電子部品に不具合が出ると、よくある独特の臭いが鼻に付きます。確認の為に内部基盤を見たところ回路途中にショート跡があり、症状の原因箇所と判断出来ました。モジュールの交換を行うと直ぐに症状は改善されましたので無事に修理は完了となりました。

No.187 BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト 亀裂

  • BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト亀裂
  • BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト亀裂
  • BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト亀裂
BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト亀裂
車検でご入庫頂いたBMWのE46です。点検を進めて行きます。
いつ切れてもおかしくない程の亀裂がベルトに発生している事が分かりました。
常にベルトは張る方向に力が掛かっていますので徐々に伸びながら劣化します。
劣化が進むとベルト鳴きを起こすだけでなく最悪の場合、ベルトが切れて最終的には車を動かせなくなってしまいます。
今回はプーリやテンショナーにも痛みが見られましたのでベルトと同時に交換を行いました。エンジンにとってベルトは非常に重要な部品の1つです。

No.186 BMW 5シリーズ 530i E60 エンジン オーバーヒート警告灯修理

  • BMW5シリーズ530i E60 エンジンオーバーヒート警告灯
  • BMW5シリーズ530i E60 エンジンオーバーヒート警告灯
  • BMW5シリーズ530i E60 エンジンオーバーヒート警告灯
  • BMW5シリーズ530i E60 エンジンオーバーヒート警告灯
BMW 5シリーズ530i E60 エンジンオーバーヒート警告灯の修理です。
走行しているとメーターにオーバーヒートの警告灯が出るという症状です。
冷却水の漏れの点検、DISテスター診断、作動点検の結果、「電動ウォーターポンプ」が故障していました。テスターで強制的に作動させようとしても全く動きませんでしたので不具合があるのは間違いないです。ポンプ交換後は作動も正常に戻り、最後に過去の故障履歴をリセットして完成です。

No.183 BMW 5シリーズ E60 525i エンジン 警告灯 点灯 修理

  • BMW 5シリーズ E60 525iエンジン 警告灯 点灯 修理
  • BMW 5シリーズ E60 525iエンジン 警告灯 点灯 修理
  • BMW 5シリーズ E60 525iエンジン 警告灯 点灯 修理
エンジン警告灯が点灯したとの事です。
警告灯が点灯しエンジンに不調も見られる状況でした。原因を探る為にBMW専用テスターにて故障コードの読み取り、実測値の確認、入力信号のチェックを行っていきます。
各所の作動テスト等も行いながら警告灯点灯原因を絞っていきます。
今回はエンジンの燃焼工程に問題が発生している状況で有る事がわかりました。
原因はスパークプラグが失火している為に正常に燃焼していないシリンダーが有り、不調と警告灯点灯を招いていました。スパークプラグ交換後は症状が改善しました。

No.176 BMW M3 E92 エンジンチェックランプ点灯修理

  • BMW M3 E92エンジンチェックランプ点灯修理
  • BMW M3 E92エンジンチェックランプ点灯修理
  • BMW M3 E92エンジンチェックランプ点灯修理
  • BMW M3 E92エンジンチェックランプ点灯修理
エンジンチェックランプ点灯 出力低下
エンジンチェックランプ点灯にてご入庫致しました。アイドリング時は時々ハンチング(エンジン回転数が上下すること)が起き、走行時は出力不足が感じられました。専用の診断機(BMWはDIS)を当ててみるとミスファイアが出ていました。さっそくミスファイアを起こしたコイル、プラグを見てみますと電極部が摩耗していました。原因が突き止められたので交換、試運転を行い完了です。今回の事例は全車両にも起こり得ることで燃費悪化、振動が大きくなるなどの原因につながります。定期交換部品の白金プラグは目安は80000~100000kmになりますが、車種によってブローバイガスや空燃費などによって劣化が早くなる場合があるので早めの交換がオススメです。

No.168 BMW 3シリーズ E92 335i エンジンストール修理

  • bmw 3シリーズ E93 335i エンジンストール修理
  • bmw 3シリーズ E93 335i エンジンストール修理
  • bmw 3シリーズ E93 335i エンジンストール修理
  • bmw 3シリーズ E93 335i エンジンストール修理
BMW3シリーズクーペ(E92)335iのエンジンストール修理依頼です。
エンジン始動直後にエンジンストールしてしまうという症状でご入庫頂きました。毎回症状が出る訳では無く、一度始動してしまうとしばらく症状が出ないので点検には時間を要しました。

何回か症状を確認してみると、スターターモーターの作動に問題が有る可能性が有りましたので単体作動点検します。点検によりスターターに作動不良が有る事が判明しました。
エンジン始動後にスターターそのものが抵抗となる原因によりエンジンストールの症状を引き起こしている事が分かりました。
スターターモーターを交換して始動チェックを何回も行い症状が出ない事を確認して修理完了です。

No.165 BMW 3シリーズ e46 エンジンルームからの異音

  • bmw 3シリーズ e46 エンジンルームからの異音
  • bmw 3シリーズ e46 エンジンルームからの異音
  • bmw 3シリーズ e46 エンジンルームからの異音
走行中にエンジンルームから「シュー」という音がするとのご依頼です。
エンジンルームを開けて点検してみても、音が聞こえませんでしたが試運転をしてみると音が聞こえてきました。このエンジンはインテークホースの劣化で穴が出来やすいのですが、見てみるとやはり穴が開いていました。ここもエンジン不調になる原因ですので、亀裂が入っていた場合には交換します。さらに悪化するとエンジン警告灯がついて、出先で不安なドライブをすることになってしまいます。お客様自身でも見える場所なので気が向いたら見てみてください。

3シリーズ E90 335i エンジン チェックランプ 警告灯点灯 修理

エンジンがブルブルと振動し、吹け上がりも悪く、チェックエンジンランプが点灯している状況でした。システムテスターにて実測値を確認すると2番シリンダーに「ミスファイヤー」が発生している事がわかりました。イグニッションコイルとスパークプラグを別のシリンダーへ移動させると共にそれぞれの組み合わせを変更しエンジンを再始動して見ると、コイルを移動させたシリンダーに症状が移りましたので、原因はコイルである事が確定です。コイルと一緒にプラグを交換し、症状は改善されました。

開催中キャンペーン

メンテナンスキャンペーン

BMW修理 BMW車検 各種お問い合わせ

BMW輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ


車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.