BMW技術ファイル

3シリーズ の記事一覧

BMW整備サイトTOP > BMW技術ファイル事例一覧 >  3シリーズ の記事一覧

No.210 BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理

  • BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理
  • BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理
  • BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理
  • BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理
BMW 5シリーズ右側面後方キズ及び凹み板金修理
右側面後方を当ててしまったとの事でご入庫頂きました。
状況を確認させて頂きますと、リヤドア・クォーターパネル・サイドステップと広範囲に損傷が見られました。
凹み方も深く、BMWのドアはアルミ製が多く板金修理が不可能な場合が多い為、ディーラーであれば全て交換と即答される可能性が高い状況です。

今回、ドアの交換は必須になりますが、クォーターパネルはマーキーズの技術力で修理を行いました。
クォーターパネルは交換してしまうと事故車として評価されてしまい、お乗り替え時の下取りや売却の際の査定に影響が出てしまう為です。
オーナー様へトータル的なサービスをご提案させて頂いております。

No.202 BMW 3シリーズクーペ E92 エンジンオイル漏れ 車検 修理

  • BMW 3シリーズクーペ E92 エンジンオイル漏れ 車検 修理
  • BMW 3シリーズクーペ E92 エンジンオイル漏れ 車検 修理
  • BMW 3シリーズクーペ E92 エンジンオイル漏れ 車検 修理
エンジンオイルフィルターブラケットからオイル漏れ
BMWのオイル漏れ定番箇所とも言えるオイルフィルターブラケットからオイル漏れが発生していました。
エンジン本体との接合面をゴムパッキンにてシールして有りますが、経年と共にパッキンが劣化し漏れて来ています。
フィルターブラケットにはオイルクーラーも併設され、こちらにもパッキンが使用されていますので分解し交換します。
このエンジンはインテークマニホールドの脱着作業を行ってからフィルターブラケットにアクセスしますのでその他にもいくつかの部品が必要となってきます。
全ての作業が完了しオイル漏れが無い事を確認して作業完了です。

No.195 BMW 3シリーズ E46 ウォッシャー液が出ない

  • BMW 3シリーズ E46 ウォッシャー液が出ない
  • BMW 3シリーズ E46 ウォッシャー液が出ない
  • BMW 3シリーズ E46 ウォッシャー液が出ない
  • BMW 3シリーズ E46 ウォッシャー液が出ない
BMW 3シリーズ E46 ウォッシャー液が出ない
ウォッシャー液の点検はまずウォッシャー液の量を見てからエアーを使用しつまりの確認、モーターの作動確認を行っていきます。今回はウォッシャー液タンクにへどろが沈殿し、モーターへの水を妨げていました。
モーター取り外し後、水を流し清掃を何度か繰り返し完了です。ホース内もエアで清掃します。
ボンネットから噴射タイプの車両でウォッシャー漏れが多く見られるようにました。原因はホース(プラスチック製)がボンネットの開閉により折れたり穴が空いてしまったりする事が多く見られます。
高年式車両が特に多く、夏場だとエアコンの排水と見間違える事があると思いますが、車両の下側の水が多く、ウォッシャー液の減る量が多い場合は要チェックです!

No.194 BMW 3シリーズ E46 ショックオイル漏れ

  • BMW 3シリーズ E46 ショック オイル漏れ
  • BMW 3シリーズ E46 ショック オイル漏れ
BMW 3シリーズ E46 ショック オイル漏れ
車検でご入庫頂きましたBMWの3シリーズE46です。車検点検を行った結果リアショックアブソーバーからオイル漏れが発生している事がわかりました。
ショックアブソーバーのオイル漏れは、乗り心地の悪化や走行安定性が低下するだけでなく保安基準不適合となる為、交換を行いました。
同時に、バンプラバーとアッパーマウントにも劣化が見られましたので交換を行いロードテスト後、異常がないことを確認し作業完了となりました。

No.188 BMW 3シリーズ E46 フロントガラス 破片清掃

  • BMW 3シリーズ E46 フロントガラスの破片清掃
  • BMW 3シリーズ E46 フロントガラスの破片清掃
  • BMW 3シリーズ E46 フロントガラスの破片清掃
BMW 3シリーズ E46 318i フロントガラスの破片清掃
前方からの落下物によりフロントガラスが破損してしまい、ガラス交換依頼で入庫した車両です。
フロントガラスは安全基準上、細かく砕けて割れるようになっています。また、2枚構造になっておりガラスの間にはフィルムが挟まれていますので割れても窓ガラスのように砕け落ちないようになっています。
しかし、細かくなりすぎたガラスは室内に落ちますのでガラス破片清掃の為にダッシュパネル等内装パーツをすべて外しました。
多くのパーツを脱着しますので各種警告灯などが点灯してしまう事も有ります。清掃完了後外したパーツを全て組み付け、装備、機能等の動作を確認後システムテスターにて警告灯を消し作業完了です。

No.187 BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト 亀裂

  • BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト亀裂
  • BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト亀裂
  • BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト亀裂
BMW 3シリーズ E46 エンジンベルト亀裂
車検でご入庫頂いたBMWのE46です。点検を進めて行きます。
いつ切れてもおかしくない程の亀裂がベルトに発生している事が分かりました。
常にベルトは張る方向に力が掛かっていますので徐々に伸びながら劣化します。
劣化が進むとベルト鳴きを起こすだけでなく最悪の場合、ベルトが切れて最終的には車を動かせなくなってしまいます。
今回はプーリやテンショナーにも痛みが見られましたのでベルトと同時に交換を行いました。エンジンにとってベルトは非常に重要な部品の1つです。

No.179 BMW 3シリーズ E90 320i 冷却水漏れ

  • BMW 3シリーズ E90 320i
  • BMW 3シリーズ E90 320i
冷却水漏れでの入庫です。
激しい冷却水漏れがしているということで、ご入庫いただきました。
点検のためエンジンフードを開けリザーブタンクに冷却水を補充したところ、エンジンから冷却水が大量に漏れて来ました。
漏れ箇所を確認をしたところラジエターホースが抜けてしまっていることが判明しました。
樹脂製のフランジが劣化により硬化し、エンジンの振動により折れてしまっていました。
修理を行う場合は予防も含め周辺パーツを同時交換することが望ましいです。
その他の樹脂製の部品も同じ期間使用していますので、同時に劣化していることがほとんどです。

No.177 BMW 3シリーズ E46車検 点検 オイル漏れ 修理

  • 3シリーズ E46車検 点検 オイル漏れ 修理
  • 3シリーズ E46車検 点検 オイル漏れ 修理
  • 3シリーズ E46車検 点検 オイル漏れ 修理
  • 3シリーズ E46車検 点検 オイル漏れ 修理
車検点検にて入庫です。
車両をリフトアップし車検点検を実施していきます。点検を進めていくとエンジンの様々な箇所からオイル漏れが発生しており、床にオイルが垂れるほど進行していました。このままでは車検取得が出来ませんので、今回はオイル漏れ修理を中心に整備を行いました。BMW3シリーズでは定番の事例ですが、ヘッドカバーおよびフロントケース、その他オイルフィルターブラケットやオイルパンと複数個所のオイル漏れ修理を行います。漏れ箇所が多く大がかりとなる作業でもあるので多少時間はかかりますが、当社では修理実績を多くこなしております。車検整備の際はおまかせください。

No.174 BMW 3シリーズ E46 320i 足回り 異音 修理

  • BMW 3シリーズ E46 足回り 異音 修理
  • BMW 3シリーズ E46 足回り 異音 修理
  • BMW 3シリーズ E46 足回り 異音 修理
  • BMW 3シリーズ E46 足回り 異音 修理
走行中乗り心地の不快感
走行テストを行います。段差乗り越え時にフワフワする感覚があり、また、高速走行時や旋回時に車の安定感がありません。
次にリフトアップ点検を行いますと、ショックアブソーバーからオイルが漏れています。
このオイルが大量に漏れている場合、車がバネの上に乗っている状態なので車両が安定せず不安定に感じられる原因になっていました。他車種も同様ですがショックアブソーバーにはバンプラバーが組み付けられています。これは底付き防止の為ですが底付きをすると、車体へのダメージ、搭乗者への衝撃と関連していきます。
バンプラバーも何度も緩和を行っていると劣化やヒビ割れ等で効力を失います。ショックオイル漏れはこの様に乗り心地に大きく関連しますのでショックアブソーバーASSYの交換作業を行います。この時関連して、アッパーマウントやブッシュ類も交換をしますと、乗り心地の向上が実感出来ます。特に後年車種は劣化が多いので要チェックです。

No.173 BMW 3シリーズ E90 320i 足回りリフレッシュ バンプラバー交換

  • BMW 3シリーズ E90 320i 足回りリフレッシュ バンプラバー交換
  • BMW 3シリーズ E90 320i 足回りリフレッシュ バンプラバー交換
  • BMW 3シリーズ E90 320i 足回りリフレッシュ バンプラバー交換
  • BMW 3シリーズ E90 320i 足回りリフレッシュ バンプラバー交換
BMW 3シリーズ E90 320i 足回りリフレッシュ バンプラバー交換
シーズンチェックで御入庫のE90です。車両の点検を行ったところ、前後ショックアブソーバーのバンプラバーが劣化しておりました。バンプラバーは、ショックアブソーバーが縮んだ時にショックのシャフトがケースに接触しないようにするクッションの役割をしております。

バンプラバーが劣化して欠落すると、ショックアブソーバーを痛めてしまうため重要な部品となっております。
交換時にショックアブソーバーとスプリングを分解する必要がありますので、同時にアッパーマウントを交換すると経済的です。
交換後、試運転を行い異常がないことを確認し作業完了となりました。

開催中キャンペーン

メンテナンスキャンペーン

BMW修理 BMW車検 各種お問い合わせ

BMW輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ


車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.