BMW技術ファイル

E65/66 の記事一覧

No.161 BMW 7シリーズ e65 740i オイル漏れ 修理

  • bmw 7シリーズ e65 740i 1年点検 オイル漏れ 修理
  • bmw 7シリーズ e65 740i 1年点検 オイル漏れ 修理
  • bmw 7シリーズ e65 740i 1年点検 オイル漏れ 修理
  • bmw 7シリーズ e65 740i 1年点検 オイル漏れ 修理
1年点検でのご入庫です。
比較的状態よく乗られている7シリーズでしたがやはりオイル漏れが発生していました。オルタネータブラケットパッキンの硬化が進みオイル漏れの原因となっていました。今回は水冷式のオルタネーターのため交換部品も多くなります。

No.160 BMW 7シリーズ E65 745i 1年点検

  • BMW 7シリーズ E65 1年点検
  • BMW 7シリーズ E65 1年点検
  • BMW 7シリーズ E65 1年点検
  • BMW 7シリーズ E65 1年点検
1年点検にてご入庫です。
早速車両をリフトアップし各部点検を進めていきます。ブレーキキャリパーのピストンシールより、ブレーキフルード漏れを発見しました。修理には、キャリパーオーバーホールが必要になってきますので、1度キャリパーを車両から取り外してからの作業になります。今回はピストンシール、ダストブーツを交換し点検作業完了です。

No.132 BMW 7シリーズ E65 車内水濡れ修理

  • BMW E65 (7シリーズ)車内水濡れ修理
  • BMW E65 (7シリーズ)車内水濡れ修理
  • BMW E65 (7シリーズ)車内水濡れ修理
  • BMW E65 (7シリーズ)車内水濡れ修理
窓を開けたまま洗車機に入れられてしまった。トータルでチェックしてほしいとの修理依頼です。
現状ある程度は掃除され水気は無いように感じますが、フロアカーペットをめくると所々濡れている箇所があります。水濡れの怖い所はフロアやドアトリム内のコントロールユニットやハーネスが濡れ、ショートや接触不良、ユニット故障など電気的な故障が起こります。今回はドアトリム、シート、各コンソール、ダッシュパネル、フロアカーペット等車内の全てのパーツを取り外し、フロアが丸見えになったところで各ユニット、ハーネス、カプラー等の水濡れ診断、清掃、乾燥を行っていきました。またカーペットは若干濡れていたのでしっかりと乾燥を行います。後々臭いやカビの原因に成ってしまいましからね!重症では無かったもののやはり幾つかのカプラーには水が掛かってしまっていました。最後に各ユニットのエラー消去とチェックを行い作業完了です。

No.101 BMW 7シリーズ E66冷房でない修理

  • 7シリーズ E66
  • 7シリーズ E66
  • 7シリーズ E66
助手席はクーラーが効くが運転席側は温風が出てしまうとの修理依頼です。
早速DISにてテスター診断を行います。しかしエアコンシステム内にエラーは入力されていませんでした。実測値で各フラップ等を確認しても故障はなし、そうなってくるともっと物理的な故障が考えられてきます。冷房回路、暖房回路を一から見直していくと発見です!
今回はヒーターバルブと呼ばれる暖房制御の根源を司っているパーツが不良でした。E65やE60系では多いトラブルです。今回は同時に劣化していたホース類や同じく弱点であるヒーターポンプも同時に交換して作業完了です。

No.091 BMW 7シリーズ E66 760Li エンジンオイル漏れ修理

  • BMW 7シリーズ E66 760Li
  • BMW 7シリーズ E66 760Li
  • BMW 7シリーズ E66 760Li
  • BMW 7シリーズ E66 760Li
オイル漏れがあるとの修理依頼です。
さっそく診断を進めていきます。今回のお車は760i V12エンジンです。車両をリフトアップしてみるとエンジンのいたる所から漏れ出してしまっています。今回は漏れ箇所の数が多く、また大きくエンジンを分解しなくてはいけない部分もあったのでエンジンを降ろしての作業となりました。今回は車両下側にフレーム、ミッションと共にごっそり降ろし、そこからエンジン単体を修理していきました。整備後は漏れも確実に止まり、安心してお乗り頂けると思います。

No.083 E65 7シリーズ エンジン警告灯点灯、エンジン不調整備

  • BMW E65 7シリーズ
  • BMW E65 7シリーズ
  • BMW E65 7シリーズ
エンジンチェックランプ点灯、アイドリングが高いとの修理依頼です。
現車はチェックランプはもちろん点灯しており、アイドリングが1000rpm以上あります。早速DISにて診断開始です。エンジンECUにはエンジン内部の燃焼状態が不安定であるとのエラーが、ここからはなぜ不安定になるのかを細かく確認していきます。
今回の原因はブローバイガスコントロールバルブ不良、内部のゴム部分が劣化によりざっくり切れており不具合の原因になっていました。このバルブはリペアパーツがあるのでバルブの修理を行い作業完了です。

No.069 E66 ブレーキパッド交換作業

  • BMW 7シリーズ E66
  • BMW 7シリーズ E66
  • BMW 7シリーズ E66
  • BMW 7シリーズ E66
パット警告灯点灯にて修理依頼です。
確認すると確かにパット残量が無いことを表すメッセージとサイドブレーキの警告灯が点きっぱなしです。まずは素直にブレーキ残量の確認、すると見事に1mm程度しか残量がありません!今回はパットと摩耗していたローターを同時交換で作業完了です。が、この残量から察するに警告灯が点灯してからもかなりの距離を運転しているはず…。まだ大丈夫だろう。な考えは危険ですよ!!

No.067 E65 足廻り異音修理

  • BMW 7シリーズ E65
  • BMW 7シリーズ E65
  • BMW 7シリーズ E65
  • BMW 7シリーズ E65
走行中に足廻りから異音がするとの修理依頼です。
ロードテストを行うとギーギー、ゴトゴト異音も酷く、振動やブレーキング時のハンドルガタも酷いです。
これは重症だと思い即工場に戻り点検を行いました。結果的にはフロント足廻りのブッシュ切れでしたが症状が進行し断裂状態でした。これでは何時タイヤの脱輪等重度のトラブルに繋がってもおかしくない状態です。今回はアームが受けた負荷も考えアームAssyにて交換を行いました。

No.065 E65 警告灯点灯整備

  • BMW 7シリーズ E65
  • BMW 7シリーズ E65
  • BMW 7シリーズ E65
走行中に多量の警告灯が点灯するとの修理依頼です。
まずは現象確認です。試運転をしているといきなりエンジンチェックを始め、ABS、ミッション、エアバック等々の警告灯が点灯、さらにナビ画面が点滅→
電源落ちを繰り返す等、奇怪な現象に襲われました。テスターを当てるもエラーの数が膨大で絞り込めず…エラーを消し試運転等を繰り返しようやく原因に辿り着く事が出来ました。原因はオルタネーター不良による発電量不足、この為電圧が低下し上記症状につながっていました。作業後はスッキリ治りました。

No.051 E65 警告灯点灯

走行中にオルタネーター発電不良のメッセージが出るとのことです。
テスターで点検をしてみるとオルタネータのエラーが入っていましたが、過去の故障でした。しばらく様子を見てみると、オルタネータとコンピュータの交信エラーが入りました。今の車はいたるところにコンピュータがあるのでたまにしかエラーが入らなかったりします。しかし、そのまま走り続けると確実に車が止まってしまうことになるので、早めに修理しましょう。今回はオルタネータを交換して、過去のエラーを消して確認をしたら終了です。

開催中キャンペーン

メンテナンスキャンペーン

BMW修理 BMW車検 各種お問い合わせ

BMW輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ


車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.