BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ

BMW 足回り 修理

BMW整備サイトTOP > BMW修理 > BMW 足回り 修理

車の基本は「走る」「曲がる」「止まる」です。
足回りの不具合は「曲がる」「止まる」に影響が出ますよ!

走行距離や年数だけで判断するのは危険です!

輸入車は国産車と違い、距離数や年数では判断が付きにくい消耗パーツが多く存在します。足廻りですと、ブッシュやボールジョイント、ショックアブソーバーなどのパーツが代表的です。

例えば、ショックアブソーバーの性能低下は徐々に進み、明確な症状があらわれません。
しかも、ヘタるとクッションのきいた椅子に座っているがごとくフワフワする為、「乗り心地がよい」と勘違いしているケースもあります。
新車で乗り続ければ違いも分かるのでしょうが、中古で購入した場合は、それが本来の性能なのか、それともそうではないのかが分からないことも多いでしょう。

「自分が買った車は走行距離もまだまだ。このぐらいの距離ではヘタらないだろう」…いいえ!距離や年数ではないんです。

また、前オーナー様によって、走り方も違えば曲がり方も違います。足廻りは特に、1台1台の個体差があることを念頭においてメンテナンスを行いましょう。

マーキーズの足回りリフレッシュメンテナンス

マーキーズでは、数多くの修理経験に基づき各グレードごとの足廻りのウィークポイントを熟知しているため、それぞれお車の状態に合わせたメンテナンスのご提案を行っています。

すべての部品を新品交換するのではなく、的確に見極めダメな箇所だけを交換し、愛車にもオーナー様にも優しい修理を心がけています。ディーラーから高額な見積もりが出てお困りのオーナー様も、是非一度ご相談下さい。

このような方も点検をおすすめします!

足回りについて多いご相談が、多少おかしく感じても購入店で「BMWはそんな感じなんですよ」、と言われてしまったというケース。
「そうか、BMWはこんなもんなんだ」と鵜呑みにしてそのままにしておくと、実は不具合は存在しどんどん劣化が進んでいるかもしれません。

足回りの劣化を放っておくと、走行やブレーキ時に大きな危険が伴ってきます!心当たりのある方は、是非一度チェックをしましょう。

こんな症状はありませんか?

  • 車が左右に流れる
  • ゴツゴツとハンドルに感じる
  • ギシギシ異音がする
  • アライメントをとってもタイヤが変摩耗する
  • 高速道で安定しない
  • ふわふわする
  • 停止時に車の変動がおかしい
  • 左右で車高が違う

10万キロ以上走行し交換無しの場合でしたら違いが明確に体感でき、見違えたように走りが安定します。足回りの診断・故障修理はお気軽ご相談ください!

ご存知でしたか?BMWの足廻りはこれだけ多くの部品で構成されています。

足廻り各パーツ類

  • フロントサスペンション
  • ラジアスアーム
  • フロントロアアーム
  • フロントスタビライザーリンク
  • アッパーアーム
  • フロントスタビライザーブッシュ
  • アッパーアームボールジョイント
  • リアサスペンション
  • ハブベアリング
  • リアロアアーム前後
  • リアスタビライザーブッシュ
  • リアスタビライザーリンク

などなど・・・モデルによっても構成部品は様々です。

BMW足回りリフレッシュキャンペーン

快適なドライブのために、マーキーズでは現在、足廻り異音点検無料キャンペーンを行っております。

  • ※詳細はお気軽にお問い合わせください。
  • ※本キャンペーンは、あくまでもメンテナンスをご希望のお客様を対象としています。点検のみや、軽微な部品交換のみのお客様は対象外とさせていただきます。(その場合、点検料¥8,000-(税抜)の料金が発生いたしますので予めご了承ください)
つねに音がなっている たまに音がする ブレーキング時がおかしい タイヤが変摩耗している など思い当たる方は、ぜひこの機会にご相談ください。

足廻り修理実例

No.235 BMW 5シリーズ E61 足廻り整備

  • BMW5シリーズ E61 足廻り整備
  • BMW5シリーズ E61 足廻り整備
  • BMW5シリーズ E61 足廻り整備
車検でご入庫頂きました。
車検でご入庫頂いたBMWの5シリーズツーリングのE61です。
特に乗っていて気になっているところは無いという事でしたがしっかりと点検してほしいとの事です。
5シリーズのウィークポイントであるオイル漏れや冷却水漏れは無く、機関類は綺麗な状態でしたが、足廻りを構成しているアームの付け根に取り付けられているゴムブッシュに亀裂を発見しました。
今後ハンドリングの悪化や異音の原因となりますので交換がお薦めです。
BMWのゴムブッシュは、通常一回は打ち替えでの交換が出来ますが、一度打ち替えを行ったアームで再度ブッシュの打ち替えが出来ず、今回のお車は、打ち替え歴がありましたのでアームをAssy交換しました。
交換作業後、試運転を行いハンドリングに異常が無い事、異音が無い事を確認し作業完了です。
年式が経ってきたお車でも整備をすれば本来のパフォーマンスは回復しますので、気になる箇所がある方は是非一度お問い合わせ下さい。

No.221 BMW M6 足回り ふらつき 点検

  • BMW M6 足回り ふらつき 点検
  • BMW M6 足回り ふらつき 点検
  • BMW M6 足回り ふらつき 点検
  • BMW M6 足回り ふらつき 点検
ふらついたり踏ん張らない
最近、高速走行中に車がふらついたり踏ん張らないとのことでご入庫いただいたM6です。
実際に走行テストして見ると、確かに旋回時の挙動が悪いのと姿勢が落ち着かない感じです。
リフトアップして足回りを点検して見ると、各アームブッシュ類が劣化していてヒビ及びガタが出ている状態です。
今回はコントロールアームやロアアーム関係のブッシュ交換を行い再度試運転を実施。
挙動も安定し安心してアクセルを踏める状態になりました。

No.185 BMW 5シリーズ E60 525i 車検時足回り修理

  • BMW 5シリーズ E60 525i 車検点検修理
  • BMW 5シリーズ E60 525i 車検点検修理
  • BMW 5シリーズ E60 525i 車検点検修理
  • BMW 5シリーズ E60 525i 車検点検修理
車検入庫、最新ブレーキング時にふらつくようになったとの事です。
お客様と同上して走行テストを実施したところ、ご用命通りのふらつく症状を確認する事が出来ました。
車輌をリフトアップし足廻りを中心に点検を進めていきますと、フロントのアームブッシュに亀裂が見受けられました。
症状との関連性が強い事と他に不具合が見当たらない事からこれが原因と判断し修理を行います。

今回はブッシュのみの打ち替えが出来る箇所でしたのでアームを交換せずに対応が出来ます。
作業後に再度お客様と試運転を行うと新車時のようだと喜んで頂けました。

No.174 BMW 3シリーズ E46 320i 足回り 異音 修理

  • BMW 3シリーズ E46 足回り 異音 修理
  • BMW 3シリーズ E46 足回り 異音 修理
  • BMW 3シリーズ E46 足回り 異音 修理
  • BMW 3シリーズ E46 足回り 異音 修理
走行中乗り心地の不快感
走行テストを行います。段差乗り越え時にフワフワする感覚があり、また、高速走行時や旋回時に車の安定感がありません。
次にリフトアップ点検を行いますと、ショックアブソーバーからオイルが漏れています。
このオイルが大量に漏れている場合、車がバネの上に乗っている状態なので車両が安定せず不安定に感じられる原因になっていました。他車種も同様ですがショックアブソーバーにはバンプラバーが組み付けられています。これは底付き防止の為ですが底付きをすると、車体へのダメージ、搭乗者への衝撃と関連していきます。
バンプラバーも何度も緩和を行っていると劣化やヒビ割れ等で効力を失います。ショックオイル漏れはこの様に乗り心地に大きく関連しますのでショックアブソーバーASSYの交換作業を行います。この時関連して、アッパーマウントやブッシュ類も交換をしますと、乗り心地の向上が実感出来ます。特に後年車種は劣化が多いので要チェックです。

No.169 BMW 6シリーズ E63 異音 修理

  • BMW 6シリーズ E63  異音 修理
  • BMW 6シリーズ E63  異音 修理
  • BMW 6シリーズ E63  異音 修理
低速時から停車寸前に前の方から異音が発生するという事でご入庫されました。
早速点検を進めて行くと足廻りのブッシュが完全に裂けている状態になっていました。
足廻りのブッシュはアームの支点となっているため、この状態では踏ん張り効かず結果、異音の発生原因となっていました。
新品のブッシュに交換を行い、異音が発生しなくなったことを確認し、整備完了となりました。

車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.