BMW整備イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW整備

BMW車検・整備スタッフブログ

BMW車検TOP > 【車検】 > BMW整備スタッフブログ


BMW 6シリーズ(E63)エンジン停止 オイル漏れ特定 修理にてご入庫いただきました

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

今回紹介する整備車輌はこちらBMWの6シリーズE63です。
前回に続き6シリーズのご入庫です。

6シリーズ(E63)エンジン停止 オイル漏れ特定 修理

走行中にエンジンが止まってしまったという事でレッカーにてご入庫頂きました。
早速、車を動かそうとすると、セルモーターが全く回りません。

バッテリーをつなぎ、ジャンプした状態でエンジンがかかりましたがブースターケーブルを外すと、すぐにエンジンが止まってしまいました。
この場合、オルタネーターが故障してしまっている事が多いのですが明確な症状を診断するために、リフトアップしてエンジン廻りの点検とテスター診断を行います。

リフトアップし目視点検 オイル漏れが原因

早速、リフトアップしてお車の状態を確認するとエンジン各部からのオイル漏れがありました。

オルタネーター本体を見てみると、漏れたオイルで濡れてしまっております。
また、テスター診断を行うと、各コンピューターに電圧低下による故障コードが各コントロールユニットに入力されていました。

更に、発電量の実測値を測定すると発生電圧が低くオルタネーター本体の不良という事がわかりました。
お客様と打ち合わせを行い、エンジンのオイル漏れの修理とオルタネーターの交換作業を行うことになりました。

エンジンの密度が高いです

早速、分解を進めていきます。
広いとは言えないエンジンルームにV型8気筒エンジンを搭載しており作業スペースがとても狭い為、エンジンを浮かせながらの作業になります。

bmw6series-e63

補器類を外していき、タペットカバー、フロントケース、オルタネーターブラケット、オイルフィルターブラケット等を脱着し、各ガスケットの交換を行います。

交換作業時にエンジン周辺部品の分解を伴いますので、漏れの原因となっているパッキンやガスケット以外に、外すホース類も再使用が出来ないので必要になります。
その他にも、分解時に作業を行いやすくなるウォーターポンプ等も同時に交換しトラブルを未然に防ぐことをお勧めしております。

交換作業後、各部のチェックを行い異常が無い事を確認し作業完了となりました。
これでパーツも新しくなりエンジンも無事始動できます。

BMWの6シリーズ(E63・E64)と7シリーズ(E65・E66)は特にオイル漏れ、水漏れの整備が多く難易度も高い修理になります。
専門の知識と技術を持った整備工場でのメンテナンスをする事により大きなトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

BMWのどんなことでもお気軽にお問合せ下さい!

BMW M6(F06) グランクーペ 12ヶ月点検でご入庫いただきました

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

BMW M6(F06) グランクーペ 12ヶ月点検

今回、ご紹介する車はBMW F06型 M6グランクーペです。
法定12ヶ月点検でご入庫頂きました。

4ドアクーペというスタイリングも各メーカー少なくなってはいますが、BMWならではのこだわりを感じるお車です。
F06型M6もディーラー保証期間が過ぎ入庫が増えてきております。

BMW M6 1年点検 定期交換部品交換

今回は、法定12ヶ月点検のご依頼を頂きましたので項目に沿って点検を行いました。
点検の結果、コンディションは良好で定期交換部品がメインの整備となりました。

BMWの中でもハイパフォーマンス車両となるM6はボンネットを開けると、エンジンや補器類がぎっしりと詰め込まれております。

BMW M6 エンジン

まずはエンジンのエアエレメントの交換作業です。
エアエレメントは片バンクに1つ使用されているため2個のエアエレメントを交換します。

エアエレメントを外すと、エアエレメントが真っ黒になっています。
新旧で比較すると、どれだけ汚れているかがよくわかります。

エアエレメント新旧
エアエレメント新旧

次に、リフトアップしオイルフィルターを見てみるとオイルフィルターカバーにオイル滲みがありました。

オイルフィルターカバーにオイル滲み

オイルフィルターカバーにはゴム製のオーリングが取り付けられていますが年数が経過すると、ゴムが硬くなりシール性が低下する為オイルフィルター交換時には、オーリングも同時に交換します。

交換作業後は、エンジンを暖機完了状態にしオンボードコンピューターにてエンジンオイル量の測定を行います。


その他、ワイパーやエアコンフィルターを交換後、サービスインターバルのリセットを行い、作業完了となりました。

新しいモデルの車両でも、BMW専用テスターを完備しているマーキーズでは点検、整備等も行う事が出来ます。

ディーラーの保証が切れた後の点検や整備を行う工場を探している方、
高額な整備費用の見積もりが出され、困っている方などBMWのことならお気軽にご相談下さい。

電話以外にもメールやラインでも問い合わせを受け付けております。
お客様のお問い合わせをお待ちしております。

BMW 1シリーズ F20 車検 冷却水漏れ 修理

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、紹介する車はBMWの1シリーズF20です。
車検にてご入庫頂きました。

BMW 1シリーズ F20 車検

※お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、整備工場の床をリニューアルしております!

ご入庫した際に、冷却水不足の警告灯が点灯を確認しました。
現在の車検では警告灯点灯があると、車検審査が行えません。
テスターを使用し車検点検し故障箇所の特定を行います。

冷却水漏れ箇所の確認

早速、エンジンルームを除いて見ると、オイルや冷却水の滲みは無く綺麗なエンジンルームです。
リフトアップし、下廻りの点検を行うとミッションの上側から冷却水が漏れてきている事が確認できました。

bmw1シリーズ車検

目視では見えづらい為、鏡などを使用しさらに漏れ箇所の詳細を探していくと、エンジンの後ろ側に取り付けられているウォーターハウジングから冷却水漏れがありました。

ウォーターハウジングは樹脂で作られており、年数が経過すると同時に劣化していきます。
劣化した樹脂は、固く脆い状態になりエンジンや走行中の振動によりクラックが生じ今回のような冷却水漏れの原因になります。

1シリーズでも経年劣化はでてきています。

この状態では、保安基準不適合となり、車検の取得を行えない為お客様と打ち合わせを行い、修理作業を行う事になりました。

BMW 1シリーズ ウォーターハウジング交換修理

ウォーターハウジングの交換作業では、インレットマニホールドを脱着し作業スペースを確保してから作業を行います。

bmw1シリーズウォーターハウジング新旧比較

外した部品の新旧比較です。
交換作業時には、外したホース等は再利用出来ない為同時に交換を行います。

交換作業後、冷却水のエア抜き作業を行い異常が無い事を確認し、作業完了です。

BMWも車種が増え新しい車でも樹脂部品が使用されておりますが、あまり今まででは無いようなトラブルも増えてきています。

マーキーズでは、専門知識が豊富なメカニックが多数在籍しておりますのでどのような整備でもお任せ下さい!

BMW 5シリーズ E61 車検点検 ウィークポイント 足回り整備

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、紹介する車はBMW 5シリーズのツーリングワゴン E61型です。
車検整備にてご入庫頂きました。

bmw 5シリーズ車検

E60系の5シリーズはモデルチェンジした後も入庫台数の多い車種となりますので当社では、ウィークポイントを熟知しております。

車検という事でしたので、ウィークポイントをおさえたマーキーズならではの法定24ヶ月点検を実施致しました。

BMW 5シリーズ車検点検

点検の結果、フロントのラジアスアームとロアアームのブッシュに亀裂が入っておりました。

bmw 5シリーズ車検

この様な状態で走行を続けると、最悪の場合ブッシュが断裂してしまい旋回時や制動時にアームの軸が動き、不快な振動や異音の原因につながるだけでなく、走行中に軸がずれてしまう等危険な状態となります。

ラジアスアームはブッシュ単体でも部品供給されている為打ち替え作業を行いました。

bmw 5シリーズ車検点検

早速アームを取り外し、亀裂のあるブッシュを交換していきます。
ブッシュはプレス機を使って圧入されている為交換には、専用の道具と知識が必要です。

ロアアームは、ブッシュ単体での部品設定が無い為アームAssyでの部品交換となりました。

bmw 5シリーズ車検 部品交換

交換作業後、異常が無い事を確認し作業完了です。
当社では、BMW専用テスターだけでなくSST等の作業時に必要な工具も完備しております。

診断機やSSTが無く、他社で断られてしまったお客様は是非一度マーキーズにご相談ください。
お問合せをお待ちしております。

BMW X1 E84 車検点検 オイル漏れ修理

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、紹介する車はこちらBMW X1のE84型です。
車検でご入庫頂きました。

X1もディーラー車検期間を終え、弊社にも車検・点検のご依頼が増えてきました。

BMW X1 E84 車検点検

こちらのX1は25iというグレードですのでエンジンはE90型の325i等と共通モデルになります。

エンジンが共通ということは、ウィークポイントも共通である場合が多いです。
マーキーズでは325iは多くの整備事例があり、過去の実績を活かした整備が可能です。
点検の結果BMWでよくあるエンジンのヘッドカバーからのオイル漏れを確認しました。

BMW X1 E84 車検点検

BMW X1 E84 車検点検

ヘッドカバーからのオイル漏れは、保安基準不適合になるだけでなくすぐ近くにはエキゾーストマニホールドがある為、不快な臭いの原因と最悪の場合車両火災に繋がり大変危険です。
原因が特定できればその箇所を修繕します。ヘッドカバーガスケットの交換作業を行いました。

交換作業時には、エンジンルームのカウルカバーを脱着しエンジンが全て見える状態にし作業を進めます。
昨今、壊れにくくなった輸入車もユーザー車検を行う方もいらっしゃるのですが、こういった事例は工場設備や専門スタッフに任せるほうが結果的に安くなります。

BMW X1 E84 車検点検

ガスケット交換時には、ヘッドカバーボルトが同時交換指定部品となっていますのでボルトも新品に交換を行います。

ヘッドカバーボルトを締め付ける際は、トルクレンチを使用し均一にトルクをかけながら締め付けていきます。

車種によっては、規定トルク締めた後に規定の角度更に締め付けるなど特殊な作業方法もありますので、注意が必要になります。

交換作業後、試運転を行い症状が改善されていることを確認し作業完了となりました。

BMW車種、グレード問わずまずはご相談ください

マーキーズでは、車種問わず整備を行っていますのでモデルやグレードを気にせずにお問合せ下さい。

BMW専用テスター(DIS)を完備していますので他社でわからなかった場合でも、お気軽にお問い合わせください。

BMW 3シリーズ E93 335i エンジンオイル漏れ 車検点検

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます

今回事例は、BMWの3シリーズ カブリオレのE93です。
335iですので、直噴6気筒のエンジンです。

BMW 3シリーズ E93 335i

車検にてご入庫頂きましたので、早速点検を行ったところ、エンジンのオイルフィルターブラケットからオイル漏れが発生しているのを確認しました。

BMW 3シリーズ E93 335i

こちらの部品は、オイルフィルターを取り付ける為の土台となっておりすぐ隣には、水冷式のオイルクーラーが供えられています。

BMW 3シリーズ E93 335i

オイルフィルターブラケットとエンジンの間と、オイルフィルターブラケットとオイルクーラーの間にはパッキンが付いており、オイルが漏れてこないようになっています。

BMW 3シリーズ E93 335i

しかし、こちらのパッキンは熱で硬化してしまいプラスチックのように固くなり、オイル漏れの原因となります。

今回は、オイル漏れの原因となっているパッキンを交換する作業を行いました。

作業時には、インレットマニホールドを脱着しなければならない為、手間のかかる作業ではあります。

BMW 3シリーズ E93 335i

また、オイルクーラーを外す必要があるのでオイルクーラー内の冷却水も外へ出てしまうため清掃やエア抜き作業が必要です。

交換作業後、試運転を行い症状が改善し、冷却水量にも異常が無い事を確認し作業完了となりました。

BMW 3シリーズ E93 335i

BMW車検では多い事例です・・・

BMWでは、多いトラブルですが、車種によってはオルタネーターを外す必要があるものや漏れたオイルが電装部品を壊してしまう場合もあります。

安心して乗り続けるには、定期的な点検が必要となりますのでお車をお預かり後、入念に点検し予算に合わせた整備プランをご提案致します。

お乗換えや自動車保険のご相談なども承っておりますので、お車のことはお気軽にお問合せ下さい。

bmw 1シリーズ(E87) ステアリングロック警告灯 点検修理

bmw 1シリーズステアリングロック警告灯が点灯 点検修理

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日紹介するのは、1シリーズのステアリングロック警告灯修理です。
車を乗り降りする際に、警告灯が点灯し警告音も出るという事でご入庫頂きました。

bmw 1シリーズ ステアリングロック警告灯 点検修理

まずは症状確認

早速、症状を確かめる為キーロックを解除しドアを開けて乗り込もうとすると警告音と共にメーター上にステアリングロックの警告灯が点灯しました。

原因を絞り込む為に、BMW専用テスターのDISにて診断を行います。
エラー内容の確認を行うとELV故障のメモリーが入っていました。

bmw 1シリーズ ステアリングロック警告灯 点検修理

ELV故障のメモリー

ELVとは、ステアリングロックを作動させているコントロールユニットの事で、こちらが故障するとステアリングロックが解除できなくなりエンジンを始動できなくなります。

そうなる前に修理が必要ですが、ELVはステアリングコラムシャフトと一体となっており修理ではステアリングコラムを交換しなければなりません。

お客様と打ち合わせをした結果、新品では部品が高額となる為、中古品にて交換を行うことになりました。

ステアリングコラム交換

交換作業時には、ステアリングやコラムカバー等を脱着していきます。
この時、エアバックユニットを外さなければならない為、専門的な知識がないと、エアバックが暴発してしまうことがあり大変危険です。

bmw 1シリーズ ステアリングロック警告灯 点検修理

bmw 1シリーズ ステアリングロック警告灯 点検修理

交換作業後、試運転を行い症状が改善されている事とステアリングシャフトを交換しているので、ステアリングセンターにずれが無い事を確認し作業完了となりました。

マーキーズでは、純正部品だけでなく社外部品や中古部品を使用し費用を抑えて整備を行うこと出来ます。

当社はBMWクオリティパートナー

1シリーズ(E87)を始め、現在のBMWはテスターがないと正確な診断ができません。
当社はテスター完備で、BMWグループジャパンの「クオリティ・パートナー」に認定されています。
正規ディーラーとの連携により、BMW部品の迅速な供給は勿論、細部にわたるより専門的な知識と技術で、他整備工場にはない高い信頼性に基づいた修理と最高のサービスを提供します。

bmw整備の事で気になることがあれば、なんでもお気軽にお問い合わせ下さい。

BMW 6シリーズ E64 車検整備にて 冷却水漏れ修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます

今回、ご紹介するのはBMWの6シリーズ E64です。
車検にてご入庫頂きました。

6シリーズはBMWのラグジュアリー・クーペモデルでE63がクーペ、E64がカブリオレタイプになります。
いつみても美しいボディ形状です。

6シリーズ E64車検

当社ならではの法定24ヶ月点検+テスター検査を実施し、BMWでは定番の冷却水漏れの跡を発見しました。
ハイグレードな6シリーズでも、修理ポイントは他モデルのBMWと同じであります・・・。

冷却水・オイル漏れが発見されると車検が取得できませんので、必須の修理箇所になります。

6シリーズ冷却水漏れ

漏れ場所の原因箇所を特定するべく、冷却水ラインの加圧テストを行うとラジエター本体からの漏れがありました。

冷却水漏れはほっておくと危険です

冷却水の漏れは、保安基準不適合となるだけでなく徐々に冷却水量が不足し、最終的にはオーバーヒートを起こしてしまう可能性があり大変危険です。
ハイパワーの6シリーズだからこそ、快調にしておきたいところですよね。

今回は、ラジエター本体の他に交換時に外すホース類を同時に交換しました。
交換時には、エンジンより前についているホースや電動ファンを脱着し必要な部品の交換を行っていきます。

不良個所を直すというところはもちろんですが、部品交換で2度手間、3度手間にせず、なるべく必須箇所と同時に交換する見極めができるのが整備の実力でもあると思います。

6series e64

交換作業後、エア抜き作業を行い加圧テストと試運転を行い、しっかりと症状が改善していることを確認し作業完了となりました。
マリオットマーキーズでは、整備後、また不具合が・・・とならぬよう時間はかかりますがしっかりと試運転をさせていただいています。

輸入車のBMWでも通し車検や一日車検がある昨今ですが、価格や速さだけでなくしっかりと整備をしたい、また、ディーラーより費用を抑えたい、
そんな方はぜひ、マリオットマーキーズへご依頼ください。

BMW 1シリーズE87 車検整備 ATオイル漏れ修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます

本日、紹介するのはBMW 1シリーズです。
1シリーズもディーラー車検を終え、当社にご入庫頂くことも増えてきました。

bmw1シリーズ車検整備

特に気になっている事は無いという事でしたが、法定24ヶ月点検を実施した結果ATオイルパンからのオイル漏れがありました。

bmw1シリーズ車検整備 ATオイル漏れ

ATオイルが漏れていると、徐々にATシステム内のオイル量が減少していき、最悪の場合AT本体の故障の原因となってしまいます。
オイル漏れがあると保安基準不適合となり車検も取得できませんので原因特定とその修理は必須になります。

E87は樹脂製のオイルパン

BMWのATオイルパンには、鉄製のものと樹脂製の物がありE87は樹脂製のオイルパンを使用しております。
材質が鉄に比べて歪みやすく、オイル漏れの原因となっていることが多くあります。

その為、オイルパンが樹脂製の場合、ガスケットの交換ではなくオイルパン本体の交換作業を行います。

オイルパンを外した状態

オイルパン外し

こちらが、オイルパンを外した状態になります。
手前に見える、デコボコとした部品がバルブボディというATをコントロールしている部品です。

bmw1シリーズ車検整備

清掃作業を行い慎重に組み付けます

入念に清掃作業を行った後、反対の手順で組み付けを行っていきます。
組み付け完了後、システムテスターで油温を確認しながらATFの充填作業を行っていきます。

このとき、しっかりと油温が見れていないと規定のオイル量に合わせられないので、慎重に作業を行っていきます。

充填作業後、試運転を行い症状が改善されていることを確認し作業完了となりました。

マーキーズでは、BMW専用テスターを完備しており新しい車種の診断・整備が可能です。
ディーラー車検が高いと感じましたら、ぜひ当社にご相談ください。

修理と費用を含めてベストなプランをご提案します!

BMW整備はマリオットマーキーズへ よくある事例 E90 オイル漏れ 故障修理事例

bmw整備

当社、マリオットマーキーズでは多種の輸入車整備&販売を承っています。
日々整備のご依頼をいただきご愛顧の程ありがとうございます。多くの輸入車を取り扱う中で、その中でも多く実績のあるメーカーがBMWです。
もちろん人気のBMWですから台数が多いことはあるのですが、当社はベンツやジャガーを始め「セダン」カテゴリーを多く扱っています。

高性能とブランド力と言えばベンツ。
走るセダンと言えばBMW。
スポーティで英国車らしいジャガーと、それぞれ強い個性があります。

ディーラーとは違い横断的な知識と実績があるのも当社の強みです。
新しい車種から高年式の車種までBMW整備は当社におまかせください。

2017年現在BMWで修理事例の多い車種は?ずばりこの車

bmw e90 整備

3シリーズE90故障修理

BMWを代表する名車の1台ですが、ディーラー保証期間を超え整備が必要な年代になってきました。

特に多い修理事例は、エンジンのオイル漏れです。
E90はグレード別に使用されているエンジンが違いますが
共通しているウィークポイントがありますので、 代表的な事例をご紹介いたします。

オイルフィルターブラケット

オイルフィルターが収まる部分になり、エンジン本体との接合部にはゴムパッキンが使用され、ブラケット本体にはオイル冷却用のオイルクーラーが寄り添うように取り付けされています。
オイルクーラーにもゴムパッキンが使用されていますので、パッキンの劣化によるオイル漏れはほぼ同時に訪れる事が多くなっています。ですので、漏れ方が派手になってしまうのが特徴です。

オイルフィルターブラケット オイル漏れ

オイルパン

エンジン最下部に位置するオイルパンはオイルを貯めておく場所になります。
油圧が掛かる訳では有りませんが、オイルパンガスケットは常時オイルに接している事になりますので
こちらもガスケットの劣化が進むと次から次へとオイルが染み出てくる事になり、漏れ方は広範囲に広がるのが特徴です。
そして地面にオイルを垂らしてしまう最も事例の多い箇所となりますので、見つけ次第の修理が必要です。

オイルパン オイル漏れ修理

バキュームポンプ

エンジン上部に位置していますが、動きを滑らかに保つ為にエンジンオイルで潤滑されています。
ポンプ自体は3層の構造になっており、間々にOリングが使用されていますがOリングは部品として供給設定が無い為にオイル漏れがポンプに発生するとポンプ本体の交換となります。

ポンプから落ちたオイルは、その下を通るマフラーに付着し、白煙や異臭の発生原因となるのが特徴です。
マフラーはエンジン本体と近い部分になりますので非常に高温の箇所となりますのであまりにも漏れが進行し、多くのオイルがマフラーに付着すると最悪の場合は火災にまで発展しかねません。

バキュームポンプ

特にオイルパンからのオイル漏れがある場合、サブフレームを降下させての作業となる為作業は手間がかかります。

他にも、ヘッドカバーのガスケットやオイルレベルセンサー等、オイル漏れを起こしてしまう原因箇所は様々です。

オイル漏れがあると、エンジンルーム内は非常に高温になる為不快なオイルの焼ける臭いや、最悪の場合車両火災の危険も秘めておりますので駐車場にオイル漏れの跡がある場合や、エンジンルームから不快な臭いを感じた方は一度、点検を受けることをお勧めいたします。

また、オイル漏れの他にも車に不具合がないか不安なオーナー様にシーズンチェックという点検プランもご用意しています。

法定12ヶ月点検に加え、BMWのウィークポイントを重点的に点検し現在のお車の状態をしっかりと判断しお伝え致します。

オイル漏れの他にも、足回りブッシュの劣化やブレーキ残量の低下、ベルト回りが劣化している事などお車の使用状況によって状態は様々です。

今後の愛車との向き合い方も当社フロントマンがしっかりと説明致します。
また、自動車保険の見直し等も一緒に行っていますのでお車のことは全てマーキーズへお任せください。

★ただ今、オイル漏れ修理キャンペーン実施中!ぜひご利用ください★

BMW修理 BMW車検 各種お問い合わせ

BMW輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ


車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.