BMW技術ファイル

F10 の記事一覧

No.210 BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理

  • BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理
  • BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理
  • BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理
  • BMW 5シリーズ(F10 523i)板金修理
BMW 5シリーズ右側面後方キズ及び凹み板金修理
右側面後方を当ててしまったとの事でご入庫頂きました。
状況を確認させて頂きますと、リヤドア・クォーターパネル・サイドステップと広範囲に損傷が見られました。
凹み方も深く、BMWのドアはアルミ製が多く板金修理が不可能な場合が多い為、ディーラーであれば全て交換と即答される可能性が高い状況です。

今回、ドアの交換は必須になりますが、クォーターパネルはマーキーズの技術力で修理を行いました。
クォーターパネルは交換してしまうと事故車として評価されてしまい、お乗り替え時の下取りや売却の際の査定に影響が出てしまう為です。
オーナー様へトータル的なサービスをご提案させて頂いております。

No.205 BMW 5シリーズ(F10)528i エンジンオイル漏れ

  • エンジンルームから焦げ臭いにおいがする
  • エンジンルームから焦げ臭いにおいがする
  • エンジンルームから焦げ臭いにおいがする
エンジンルームから焦げ臭いにおいがする

エンジンが温まってくるとエンジンルームから焦げたにおいがするとのことです。
エンジンフードを開けて点検するとエンジンオイルフィルターのブラケットからオイルが滲み漏れており下廻りまでつたっていました。

ブラケットのパッキンと交換する際に脱着するクーラー側のパッキンも交換し、ブラケットは取り付け面をオイルストーンで磨き、あたり面を出すことでパッキンの密着性を高め今後漏れにくくして取り付けました。

No.193 BMW 7シリーズ F01 オーバーヒート

  • BMW 7シリーズ F01 オーバーヒート
  • BMW 7シリーズ F01 オーバーヒート
  • BMW 7シリーズ F01 オーバーヒート
BMW 7シリーズ F01 オーバーヒート警告灯表示
オーバーヒートの警告表示が出てしまったという事でご入庫いただいた、BMWのF01です。
症状の確認を行うと、エンジンがすぐにオーバーヒートしてしまう状況でした。
エンジン各所の点検を行ったところ、冷却水漏れなどの確認は取れません。次にBMW専用テスターを使用し、電気的な故障が無いか診断を行います。
診断を進めていくと電動ウォーターポンプのエラー入力があり、原因を定める為にアクティブテストを行いウォーターポンプを強制的に駆動させようとしてもウォーターポンプが動いていない状態で有る事が分かりました。
これでは冷却水が循環できず、オーバーヒートを起こしてもおかしくありません。
ポンプ交換作業後、症状が改善されていることを確認し作業完了となりました。

開催中キャンペーン

メンテナンスキャンペーン

BMW修理 BMW車検 各種お問い合わせ

BMW輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ


車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.