BMW技術ファイル

1シリーズ の記事一覧

BMW整備サイトTOP > BMW技術ファイル事例一覧 >  1シリーズ の記事一覧

No.222 BMW 1シリーズ(E87 118i) エンジンオイル漏れ

  • BMW 1シリーズ エンジンオイル漏れ
  • BMW 1シリーズ エンジンオイル漏れ
  • BMW 1シリーズ エンジンオイル漏れ
エンジンオイル漏れ
駐車場にオイルのシミが付く著言う事でお車お預かりしました。
点検をすすめていくとエンジン各所からオイル漏れを確認できました。
このN46B20Bは走行距離問わずオイル漏れが起きるケースが多いです。
今回はヘッドカバー、バキュームポンプから漏れ出していました。
さらにエンジンだけでなくオートマミッションからもオイル漏れ確認・・・。
漏れているバキュームポンプはブレーキにも関連している部品なので最悪の場合ブレーキが利かなくなることもあります。
症状が起きてからでなく定期的な点検やエンジンルームを覗くなどして予防していきましょう。

No.219 BMW 1series 118i F20 エンジンオイル漏れ 修理

  • BMW 1シリーズ F20 エンジンオイル漏れ 修理
  • BMW 1シリーズ F20 エンジンオイル漏れ 修理
  • BMW 1シリーズ F20 エンジンオイル漏れ 修理
エンジンオイル漏れとのことでご入庫いただきました。
早速リフトアップして確認して見るとオイル漏れが酷い状態です。
一度洗浄して、再度オイル漏れ箇所の確認をします。原因はバキュームポンプ、オイルパン、ヘッドカバー、フィルターブラケットからでした。
BMWでは定番のオイル漏れ箇所ですね。各ガスケット類を交換し漏れの無い事を確認し完了です。

No.217 BMW 1シリーズ F20 車検整備 エンジンオイル漏れ 故障 修理

  • BMW 1シリーズ F20 エンジンオイル漏れ 故障 修理
  • BMW 1シリーズ F20 エンジンオイル漏れ 故障 修理
  • BMW 1シリーズ F20 エンジンオイル漏れ 故障 修理
BMW 1シリーズ F20 車検整備にてご入庫いただきました。
車検整備で法定24ヶ月点検を実施したところエンジンのオイルパンよりオイル漏れが生じていました。
このままではオイル漏れで車検に通らないので修理します。
スチール製のオイルパンは、歪む事が少なく、外部からの損傷や変形がない限りシール交換だけでOKです。
オイルパンを取り外し、接着面をオイルストーンで平らにした後、液体パッキンを塗り再度、適正トルクで取り付けます。
パッキンを硬化後、エンジンを始動させ、入念に走行テストを繰り返し再度漏れがない事を確認し整備完了です。

No.206 BMW 1シリーズ(F20) 120i 車検点検 冷却水漏れ

  • 1シリーズ(F20) 120i 車検点検 冷却水漏れ
  • 1シリーズ(F20) 120i 車検点検 冷却水漏れ
  • 1シリーズ(F20) 120i 車検点検 冷却水漏れ
  • 1シリーズ(F20) 120i 車検点検 冷却水漏れ
車検でご入庫頂きました

車検でご入庫頂いたBMWのF20です。冷間時に冷却水不足の警告が出るという事で一緒に点検を行いました。
点検の結果、エンジンの後ろ側に取り付けられているウォーターハウジングより冷却水が漏れているのを発見しました。
この状態では、保安基準不適合となる為お客様と打ち合わせを行い整備作業を行いました。
整備作業では、インレットマニホールド等の補器類を外さないと部品にアクセス出来ません。
作業後、症状が改善し異常が無い事を確認し作業完了となりました。

No.197 BMW 1シリーズ E88 エンジン警告灯 点検診断 修理

  • BMW 1シリーズ E88 エンジン警告灯 修理
BMW 1シリーズ E88 エンジン警告灯 故障修理

エンジン警告灯が点灯してしまったという事でご入庫いただいたBMW1シリーズのE88です。
早速症状を確認する為、試運転を行うとエンジンの吹け上りが少し悪い状態となっていました。

更に原因を探る為、BMW専用テスターDISで診断を行うと、エキセントリックシャフトセンサーのエラー入力がありました。
このセンサーは、エンジン内部のカムシャフトの先端部分に取り付けられており、アクセルの開閉度を検知して、その開閉度に応じてカムシャフトを駆動させることにより、インテークバルブのリフト量を調整しエンジン回転をコントロールしているセンサーです。
故障するとカムシャフト・バルブの正確な位置がECUで認識出来なくなりエンジンがかからなくなったりする場合がありますので、修理が必要です。
交換作業時には、エンジンヘッドカバーの脱着が必要となり作業には手間が掛かります。

No.191 BMW 1シリーズ E87 車検 ATオイル漏れ修理

  • BMW 1シリーズ E87 車検 ATオイル漏れ修理
  • BMW 1シリーズ E87 車検 ATオイル漏れ修理
  • BMW 1シリーズ E87 車検 ATオイル漏れ修理
  • BMW 1シリーズ E87 車検 ATオイル漏れ修理
BMW 1シリーズ E87 車検 ATオイル漏れ修理
車検点検整備でご入庫いただいたBMWの1シリーズE87です。
車両を点検する為にリフトアップを行うと、ATオイルパンからオイル漏れが発生している事が分かりました。
オイル漏れによりオートマミッション内のオイルが不足するとミッションを傷めるだけでなく変速不良や走行不能に繋がります。
また、オイル漏れは保安基準不適合となり車検の取得も出来なくなりますので修理が不可欠です。
BMWのATオイルパンは樹脂で出来ている為、熱により歪みが発生しオイル漏れの原因となりますのでオイルパンをアッセンブリで交換をする必要が有ります。
交換作業後、試運転を行い症状が改善していることを確認し、作業完了となりました。

No.162 BMW 1シリーズ e87 118i エアコン故障修理

  • bmw 1シリーズ e87 118i エアコン故障修理
  • bmw 1シリーズ e87 118i エアコン故障修理
  • bmw 1シリーズ e87 118i エアコン故障修理
  • bmw 1シリーズ e87 118i エアコン故障修理
冷房が効かないとの事で入庫です。
早速マニホールドゲージを接続しガス圧をみると、針が0付近を指し全くガスが入っていません。エアコンガスを充填すると冷房が効き始めました。同時に蛍光剤も入れガス漏れの点検を進めますと、エバポレータ本体より漏れが発生している事がわかりました。今回はエバポレータの交換にて修理作業完了です。

No.127 BMW 1シリーズ F20 消耗品交換・定期メンテナンス

  • BMW 1シリーズ F20 消耗品交換・定期メンテナンス
  • BMW 1シリーズ F20 消耗品交換・定期メンテナンス
  • BMW 1シリーズ F20 消耗品交換・定期メンテナンス
一年点検にてご入庫です。
早速診断開始です。基本的には走行距離も短く、年式も新しいお車ですので大きなトラブルはないと思いますが、「もうオイル漏れ!?」なんて事が時々あるのが輸入車です。新しいからと言って油断は禁物です!幸いにもトラブルはありませんでしたので今回は油脂類を含めた消耗品をメインで進めていきました。今回出番はありませんでしたが、また万が一のトラブルも弊社では現行Fシリーズに対応したBMWテスターを導入していますのでお任せ下さい。

No.034 E87 シーズンチェック

  • BMW修理
  • BMW修理
  • BMW修理
  • BMW修理
シーズンチェックで入庫です
またまたシーズンチェックのご入庫です。年に一度の点検は大事ですね!早速点検していきます。リピーター様で前回点検と作業を行っていますので、特に消耗品や交換部品はないのですが、今回はオイル漏れが多く見つかりました。まずはタペットカバーから下回りでオイルパンからのオイル漏れ、他にもオートマのオイルパンからも漏れが・・・定期的にチェックをしていてもこの様なケースが!でもオイル漏れは故障ではなく消耗品のパッキン交換ですので割り切って考えましょう。

No.011 E87 ブレーキパット交換

ブレーキパット交換で入庫です
通常のメンテナンスでパット交換の修理依頼ですが、今回は純正ではなく社外の低ダストブレーキパットの交換依頼です。すぐに真っ黒になるホイールを汚れにくくするダストの少ないパットです。車によってはブレーキ鳴きが出る場合も有りますが制動力には問題ありませんのでご安心ください。

開催中キャンペーン

メンテナンスキャンペーン

BMW修理 BMW車検 各種お問い合わせ

BMW輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.