BMW整備イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW専門イメージ
BMW整備

BMW車検・整備スタッフブログ

BMW車検TOP > 【車検】 > BMW整備スタッフブログ

BMW E85 Z4 エンジンオイル漏れ/車検

マリオットマーキーズブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

今回、紹介するお車はBMWのE85型Z4です。
車検にてご入庫頂きました。

特に気になっているところは無いという事でしたが
法定24ヶ月点検を実施した結果、エンジン各所よりオイル漏れが発生していました。

エンジンのオイル漏れは、保安基準不適合になるだけでなく、各センサーのカプラーからオイルが侵入しセンサーを壊してしまう事や、車両火災の原因にもなりますので修理が必要な箇所になります。

今回は、オイル漏れのあった、シリンダーヘッドカバー、オイルフィルターブラケット、エンジンオイルパンの計3箇所の整備作業を行いました。

早速作業を行っていきます。
シリンダーヘッドカバーについては、遮る物は無くカバーの取り外しを行えるため手間は掛かりませんが、オイルフィルターブラケットはベルト廻りとオルタネーターを脱着する必要があり、エンジンオイルパンについてはサブフレームを降下しての作業となり手間が掛かります。

こちらが作業中の写真になります。
各部分解を進めることにより、ゴムパッキンやガスケットを交換する事が出来ます。

ゴムパッキンやガスケットの取り付け面は、古いガスケット等の塵で平らになっていない事が多く、そのまま取り付けを行うとオイル漏れの再発原因となってしまいます。
症状の再発を防ぐために、オイルストーン等を使い、表面を綺麗に整えてから作業を行う事によりオイル漏れの再発防止が出来ます。
交換作業後、各部スチーム洗浄を行い試運転後再度チェックしオイル漏れの症状が改善されている事を確認し作業完了となります。

BMWはモデルやグレードによってウィークポイントは異なる為、そのお車に合わせた点検を行う必要があります。
点検は、ウィークポイントを知っているかどうかで大きく異なる為。専門知識を多く持った整備工場での点検を行うことによりトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

豊富な経験を持つマーキーズでは、車検や故障修理、板金修理等を多岐に渡って行っております。お問合せは電話やメールの他、ラインでも承っておりますので、気になる事があるお客様はお気軽にお問合せ下さい。

BMW 1シリーズ F20 車検 冷却水漏れ 修理

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、紹介する車はBMWの1シリーズF20です。
車検にてご入庫頂きました。

BMW 1シリーズ F20 車検

※お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、整備工場の床をリニューアルしております!

ご入庫した際に、冷却水不足の警告灯が点灯を確認しました。
現在の車検では警告灯点灯があると、車検審査が行えません。
テスターを使用し車検点検し故障箇所の特定を行います。

冷却水漏れ箇所の確認

早速、エンジンルームを除いて見ると、オイルや冷却水の滲みは無く綺麗なエンジンルームです。
リフトアップし、下廻りの点検を行うとミッションの上側から冷却水が漏れてきている事が確認できました。

bmw1シリーズ車検

目視では見えづらい為、鏡などを使用しさらに漏れ箇所の詳細を探していくと、エンジンの後ろ側に取り付けられているウォーターハウジングから冷却水漏れがありました。

ウォーターハウジングは樹脂で作られており、年数が経過すると同時に劣化していきます。
劣化した樹脂は、固く脆い状態になりエンジンや走行中の振動によりクラックが生じ今回のような冷却水漏れの原因になります。

1シリーズでも経年劣化はでてきています。

この状態では、保安基準不適合となり、車検の取得を行えない為お客様と打ち合わせを行い、修理作業を行う事になりました。

BMW 1シリーズ ウォーターハウジング交換修理

ウォーターハウジングの交換作業では、インレットマニホールドを脱着し作業スペースを確保してから作業を行います。

bmw1シリーズウォーターハウジング新旧比較

外した部品の新旧比較です。
交換作業時には、外したホース等は再利用出来ない為同時に交換を行います。

交換作業後、冷却水のエア抜き作業を行い異常が無い事を確認し、作業完了です。

BMWも車種が増え新しい車でも樹脂部品が使用されておりますが、あまり今まででは無いようなトラブルも増えてきています。

マーキーズでは、専門知識が豊富なメカニックが多数在籍しておりますのでどのような整備でもお任せ下さい!

BMW 5シリーズ E61 車検点検 ウィークポイント 足回り整備

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、紹介する車はBMW 5シリーズのツーリングワゴン E61型です。
車検整備にてご入庫頂きました。

bmw 5シリーズ車検

E60系の5シリーズはモデルチェンジした後も入庫台数の多い車種となりますので当社では、ウィークポイントを熟知しております。

車検という事でしたので、ウィークポイントをおさえたマーキーズならではの法定24ヶ月点検を実施致しました。

BMW 5シリーズ車検点検

点検の結果、フロントのラジアスアームとロアアームのブッシュに亀裂が入っておりました。

bmw 5シリーズ車検

この様な状態で走行を続けると、最悪の場合ブッシュが断裂してしまい旋回時や制動時にアームの軸が動き、不快な振動や異音の原因につながるだけでなく、走行中に軸がずれてしまう等危険な状態となります。

ラジアスアームはブッシュ単体でも部品供給されている為打ち替え作業を行いました。

bmw 5シリーズ車検点検

早速アームを取り外し、亀裂のあるブッシュを交換していきます。
ブッシュはプレス機を使って圧入されている為交換には、専用の道具と知識が必要です。

ロアアームは、ブッシュ単体での部品設定が無い為アームAssyでの部品交換となりました。

bmw 5シリーズ車検 部品交換

交換作業後、異常が無い事を確認し作業完了です。
当社では、BMW専用テスターだけでなくSST等の作業時に必要な工具も完備しております。

診断機やSSTが無く、他社で断られてしまったお客様は是非一度マーキーズにご相談ください。
お問合せをお待ちしております。

BMW X1 E84 車検点検 オイル漏れ修理

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回、紹介する車はこちらBMW X1のE84型です。
車検でご入庫頂きました。

X1もディーラー車検期間を終え、弊社にも車検・点検のご依頼が増えてきました。

BMW X1 E84 車検点検

こちらのX1は25iというグレードですのでエンジンはE90型の325i等と共通モデルになります。

エンジンが共通ということは、ウィークポイントも共通である場合が多いです。
マーキーズでは325iは多くの整備事例があり、過去の実績を活かした整備が可能です。
点検の結果BMWでよくあるエンジンのヘッドカバーからのオイル漏れを確認しました。

BMW X1 E84 車検点検

BMW X1 E84 車検点検

ヘッドカバーからのオイル漏れは、保安基準不適合になるだけでなくすぐ近くにはエキゾーストマニホールドがある為、不快な臭いの原因と最悪の場合車両火災に繋がり大変危険です。
原因が特定できればその箇所を修繕します。ヘッドカバーガスケットの交換作業を行いました。

交換作業時には、エンジンルームのカウルカバーを脱着しエンジンが全て見える状態にし作業を進めます。
昨今、壊れにくくなった輸入車もユーザー車検を行う方もいらっしゃるのですが、こういった事例は工場設備や専門スタッフに任せるほうが結果的に安くなります。

BMW X1 E84 車検点検

ガスケット交換時には、ヘッドカバーボルトが同時交換指定部品となっていますのでボルトも新品に交換を行います。

ヘッドカバーボルトを締め付ける際は、トルクレンチを使用し均一にトルクをかけながら締め付けていきます。

車種によっては、規定トルク締めた後に規定の角度更に締め付けるなど特殊な作業方法もありますので、注意が必要になります。

交換作業後、試運転を行い症状が改善されていることを確認し作業完了となりました。

BMW車種、グレード問わずまずはご相談ください

マーキーズでは、車種問わず整備を行っていますのでモデルやグレードを気にせずにお問合せ下さい。

BMW専用テスター(DIS)を完備していますので他社でわからなかった場合でも、お気軽にお問い合わせください。

BMW 3シリーズ E93 335i エンジンオイル漏れ 車検点検

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます

今回事例は、BMWの3シリーズ カブリオレのE93です。
335iですので、直噴6気筒のエンジンです。

BMW 3シリーズ E93 335i

車検にてご入庫頂きましたので、早速点検を行ったところ、エンジンのオイルフィルターブラケットからオイル漏れが発生しているのを確認しました。

BMW 3シリーズ E93 335i

こちらの部品は、オイルフィルターを取り付ける為の土台となっておりすぐ隣には、水冷式のオイルクーラーが供えられています。

BMW 3シリーズ E93 335i

オイルフィルターブラケットとエンジンの間と、オイルフィルターブラケットとオイルクーラーの間にはパッキンが付いており、オイルが漏れてこないようになっています。

BMW 3シリーズ E93 335i

しかし、こちらのパッキンは熱で硬化してしまいプラスチックのように固くなり、オイル漏れの原因となります。

今回は、オイル漏れの原因となっているパッキンを交換する作業を行いました。

作業時には、インレットマニホールドを脱着しなければならない為、手間のかかる作業ではあります。

BMW 3シリーズ E93 335i

また、オイルクーラーを外す必要があるのでオイルクーラー内の冷却水も外へ出てしまうため清掃やエア抜き作業が必要です。

交換作業後、試運転を行い症状が改善し、冷却水量にも異常が無い事を確認し作業完了となりました。

BMW 3シリーズ E93 335i

BMW車検では多い事例です・・・

BMWでは、多いトラブルですが、車種によってはオルタネーターを外す必要があるものや漏れたオイルが電装部品を壊してしまう場合もあります。

安心して乗り続けるには、定期的な点検が必要となりますのでお車をお預かり後、入念に点検し予算に合わせた整備プランをご提案致します。

お乗換えや自動車保険のご相談なども承っておりますので、お車のことはお気軽にお問合せ下さい。

bmw 1シリーズ(E87) ステアリングロック警告灯 点検修理

bmw 1シリーズステアリングロック警告灯が点灯 点検修理

マリオットマーキーズブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日紹介するのは、1シリーズのステアリングロック警告灯修理です。
車を乗り降りする際に、警告灯が点灯し警告音も出るという事でご入庫頂きました。

bmw 1シリーズ ステアリングロック警告灯 点検修理

まずは症状確認

早速、症状を確かめる為キーロックを解除しドアを開けて乗り込もうとすると警告音と共にメーター上にステアリングロックの警告灯が点灯しました。

原因を絞り込む為に、BMW専用テスターのDISにて診断を行います。
エラー内容の確認を行うとELV故障のメモリーが入っていました。

bmw 1シリーズ ステアリングロック警告灯 点検修理

ELV故障のメモリー

ELVとは、ステアリングロックを作動させているコントロールユニットの事で、こちらが故障するとステアリングロックが解除できなくなりエンジンを始動できなくなります。

そうなる前に修理が必要ですが、ELVはステアリングコラムシャフトと一体となっており修理ではステアリングコラムを交換しなければなりません。

お客様と打ち合わせをした結果、新品では部品が高額となる為、中古品にて交換を行うことになりました。

ステアリングコラム交換

交換作業時には、ステアリングやコラムカバー等を脱着していきます。
この時、エアバックユニットを外さなければならない為、専門的な知識がないと、エアバックが暴発してしまうことがあり大変危険です。

bmw 1シリーズ ステアリングロック警告灯 点検修理

bmw 1シリーズ ステアリングロック警告灯 点検修理

交換作業後、試運転を行い症状が改善されている事とステアリングシャフトを交換しているので、ステアリングセンターにずれが無い事を確認し作業完了となりました。

マーキーズでは、純正部品だけでなく社外部品や中古部品を使用し費用を抑えて整備を行うこと出来ます。

当社はBMWクオリティパートナー

1シリーズ(E87)を始め、現在のBMWはテスターがないと正確な診断ができません。
当社はテスター完備で、BMWグループジャパンの「クオリティ・パートナー」に認定されています。
正規ディーラーとの連携により、BMW部品の迅速な供給は勿論、細部にわたるより専門的な知識と技術で、他整備工場にはない高い信頼性に基づいた修理と最高のサービスを提供します。

bmw整備の事で気になることがあれば、なんでもお気軽にお問い合わせ下さい。

BMW 6シリーズ アルピナ B6  車検整備

BMW 6シリーズ アルピナ B6が車検整備でご入庫頂きました。

IMG_4324

アルピナ独特の控えめなエアロ、サイドボディのストライプアルピナライン、細い20本スポークのアルミホイールは良く知られた特徴です。また、アルピナのエンブレムは赤と青を配色したものですが、赤は情熱、青は知性を表しています。「特別」な1台ですね。車検点検を進めていきますと、足廻りで定番のロアアームのブッシュ部分に亀裂がありました。 今回は汚れていたフィルター類とロアアームの交換をします。それ以外には問題は無く、グッドコンディションのアルピナです。しっかりと整備されているので、オーナー様が大事にされているのが分かります。

IMG_4325

IMG_4330

現在はシステムテスターが無ければ故障診断が困難な場合がほとんどですので、テスターを完備している工場に入庫するのが必然です。ましてこのアルピナのように特別な車輌であれば尚更です。マーキーズでは常に最新の状態でシステムテスターを完備していますので、故障でお悩みで有ればお気軽にマーキーズまでお問い合わせ下さい。

https://www.bmw-seibi.jp/inspection/tester.html

お問い合わせをお待ちしております。

BMW 3シリーズ ワゴン 320i  E91 車検整備+エンジン異音修理

さて今回の整備車両はBMW3シリーズワゴンE91です。

DSC_4464

車検整備の他にエンジンをかけると「ギュルギュル」とこすれているような異音がするとの事で修理依頼を頂きました。法定の24か月点検を進めながら異音の原因も探していきます。 エンジンルーム内のカバーなどを外し異音の原因を探って行くとベルト廻りから異常な音が聞こえてきました。発生元を更に絞って行きますとベルトの張りを調整しているテンショナーが原因で有る事が分かりました。 油圧式でグリスが内部に注入されていており、そのグリスが漏れ出てしまう事でベルトの張りが保持できていない状態になっていました。

こちらが外したテンショナーとアイドラプーリです。

DSC_4462

DSC_4461

テンショナーのボルトはアルミ製で再使用が不可能な為にテンショナー本体と同時交換が必要となります。交換作業後は無事に症状が改善されました。ただ、出来ればもっと早く整備を行うべきだったと思います。たまたま車検次期までトラブルに繋がらなかったのは幸いでした。ベルトが外れて大惨事を招く恐れが有りましたので。

車検に通すだけの整備ではなく、安心安全に乗って頂くを前提にマーキーズでは整備を行っています。万が一の状況を可能な限りゼロにしていくことが「メンテナンス」です。

BMW 5シリーズ E60 車検点検整備

DSC_4580

BMW 5シリーズ E60 車検点検整備でご入庫です。前回の点検入庫時にエンジンのオイル漏れを修理しました。足廻りにもいくつか気になる点は有りましたが車検の時まで様子を見る事になっていました。走行距離も伸びていましたので今回はやはり症状が進行しているという事で足廻り中心の整備となりました。フロントロアアームのブッシュに大きな亀裂が入って来ていましたのでこちらの交換作業をメインにスタビ関連の部品も交換し、作業は完了です。

BMW 3シリーズ E90 車検点検整備でご入庫です

BMW 3シリーズ E90 車検点検整備でご入庫頂きました。車輌をリフトアップして驚いたのは、車輌下側に取り付けられているアンダーパネルが一面、オイルで光っていました。激しいオイル漏れと走行風により広範囲にわたってしまったものと考えられます。アンダーパネルを外すとエンジンのあちこちから漏れが発生しているのが判明しました。もちろんこれでは車検が取得出来ませんので、各部パッキンの交換や予防対策作業などを行い無事に車検は合格です。

BMW修理 BMW車検 各種お問い合わせ

BMW輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ

車検入庫フォーム

板金メールフォーム

キャンペーンバナー

Copyright © Marriot Marquis. All Rights Reserved.